ハウス グッパル

竣工年2018.03
主要用途専用住宅
所在地宮城県気仙沼市
敷地面積329.03㎡
延床面積136.49㎡
階数地上2階
構造木造軸組構造
設計・監理
意匠bandao 一級建築士事務所
構造シェルター
施工
施工管理タカハシ建設工業
基礎榧木建設
構造材支給シェルター
板金高新板金
鋼製建具千葉誠
木製建具和桜木工舎
塗装明昌塗装
左官小山タイル
電気村上電気工事店
給排水設備池田水道設備
受賞グッドデザイン賞
掲載グッドデザイン賞受賞年鑑

設計主旨
 気仙沼市の防災集団移転先の敷地に、地域コミュニティを育む場として機能する住宅を新築する計画です。 防災集団移転の課題は、地域コミュニティの形成をどのようにして進めるか、ということです。しかし、具体的な対策がないまま急速に区画造成が進められ、住宅が建設されるのが実情です。そこで、地域コミュニティを育む場として、「地元の人たちが集い、語らう居場所=グッパル(Good Pals)」のある住宅を提案しました。これが、「ハウス グッパル」です。施主が、音楽に携わっていたため、グッパルはコミュニティスタジオとして計画しました。間口は広く地域に開けており、地元の人たちの交流の場として機能しています。

housegoodpal
housegoodpal
housegoodpal
housegoodpal
housegoodpal
housegoodpal
housegoodpal
housegoodpal
housegoodpal
housegoodpal
housegoodpal
housegoodpal
housegoodpal
housegoodpal
housegoodpal
housegoodpal
housegoodpal
housegoodpal
housegoodpal
housegoodpal